真・田舎暮らしにあこがれて 

Bライフ 小屋暮らし をやっています

2017年02月

小屋に帰ってきてからどうも体調がすぐれない。頭が重いし、なんだか気分もどんよりして欝気味だ・・・・

今日は2月3日、そう節分の日です。年越しにあたる節分は鬼が出現しやすいと考えられていたために鬼に豆をぶつけて追い払おうと考えられていたそうだ。

小屋に帰ってきてから調子が悪いには全部鬼のせいだったんや!!よーし、全力で鬼を追い払ってやるぜ。

20170203204532.jpg

まずは豆まきからやるか。



鬼は~そと 服は~うち 鬼は~そと 福は~うち

うーむ、どうも小屋の中に豆をまいても邪気が消える気配がないぞ。どうもゴミ捨て場の方から強い邪気が感じる・・・・

そういえばゴミ捨て場に近づくと激しい動悸や息苦しさに襲われるので最近は近寄らないようにしているんだ。そうか、鬼はゴミ捨て場にいるんだなコノヤロウ!

鬼は~そとおおおお 福は~うちいいいい

ゴミ捨て場の方角に全力で豆をまいておいた。邪鬼め!二度と俺の前に姿を表すんじゃねーぞ


豆を蒔いただけじゃ安心できない。念には念を入れて恵方巻きも食べておこう。

20170203203300.jpg


20170203204816.jpg

目をつぶって願い事を思い浮かべながらかぶりつく。

もっとBライファーが増えますように


20170203214600.jpg

誰にも文句を言われずに小屋暮らしができますように


20170203204827.jpg

頭ごなしに怒ってくる人間がいなくなりますように。


さらに念には念を入れて御札も貼り付けておく。

20170203220508.jpg

立春大吉という文字は左右対称になっているので表から見ても裏から見ても同じように見える。


20170203220458.jpg

1 この御札を玄関のに貼っておく。

2 鬼が家に入ってくるときに立春大吉の札を見る

3 中に入って振り返ると立春大吉と書かれた札がある

4 鬼「あれ、さっき入り口でみた立春吉日の札がある・・・そうか俺はまだ家に入っていなかったんや」

5 鬼が玄関から出ていく

ということで立春吉日という札を玄関に貼るらしいです。こんな子供だましに騙されるなんて信じられませんね。鬼は海馬が損傷しているのか?


豆まき、恵方巻き、立春吉日の御札と思いつく限りの邪気払いを今年はしました。これで安心して1年を過ごせるね。清々しい気分だ!

東京にいる間にどうしても見ておきたい映画がありました。

20170201153738.jpg

この世界の片隅に という戦時中の日本を舞台にしたアニメ映画です。

普通に見ると1800円もするので金券ショップで前売り券を安く買って観ようとしました。しかしどの金券ショップを尋ねても売り切れ状態です。

どうもこの映画は口コミで人気が広まったらしく、前売り券があまり出回っていないそうです。うーむどうしたものか・・・・


20170201154156.jpg

今日は2月1日。毎月1日は映画の日なので1100円で映画をみることができるのです。わざわざ映画を安く見たいがためにこの日まで粘って東京に滞在していたのです。

13時10分の上映を見ようと思ったんだけど寝坊してしまって映画館にたどり着いたのが13時00分・・・・早くチケットを買わないと!!!

ほぼ満席状態だったけどかろうじてスクリーン右手前の席が残っていたので良かったです。


感想

ストーリー自体は原作の漫画を読んでいたのでいい話なのは分かっています。独特の世界観が魅力的な漫画で、この世界観を映画でどう表現してくれるのかとても楽しみでした。

あのシーンはこうやって表現したのか・・・・おお、このシーンはこういう音楽を入れてきたか・・・と予想以上の世界観の表現に驚きました。

原作は良かったのに映画になったら落ちたよね・・・・・そんな話はよく聞くけどこの映画は違います。原作の良さが映像なって更にレベルアップしています。

最後のエンドロールでクラウドファンディングで応援してくれた人の名前も出ていました。そこで初めてこの映画はクラウドファンディングで作られたものだと知りました。

調べてみると資金を募集してからわずか11時間で目標額の1,080万円を達成して最終的には4000万円近くも集まったそうです。それだけ期待されていた映画だったんですね。


20170201183941.jpg

そして千葉に戻ってきました。もうまっくらだ。

↑このページのトップヘ