真・田舎暮らしにあこがれて 

Bライフ 小屋暮らし をやっています

2016年09月

昨日、何気なくテレビをつけたら大改造!!劇的ビフォーアフターが放送されていました。この番組は好きでよく見るんだけど、どうもBライファーには現実味のない案件が多い気がします。

3000万円かけてリフォームしました!とか言われてもねぇ・・・・金かければ立派な家になるのは当然じゃん。

ボロボロの廃屋のような家をリフォームする過程はとても楽しく見れるんだけど、番組の最後でリフォームにかかった金額を見ていつもげんなりします。


しかし、昨日放送されたビフォーアフターはひと味ちがいました。


250万円で買ったボロ家を150万円でリフォームする

yosan150faoijfambear.png

東京へ通勤圏内の場所に一戸建てを構えたい!これが今回の依頼主の希望です。しかも予算は400万円しかないそうです。

低予算で家を手に入れる・・・まさにBライファー向けの案件じゃないですか。これは匠がどうやって仕上げていくか非常に興味がわきます。

家は千葉県・富津市に250万の物件を購入。ここならアクアラインで1時間で東京までいけるので通勤圏内です。

beaftersdiijjjij13244.png

400万-250万=150万 

リフォームに残された予算は150万円しかありません。はたしてこのボロ屋を、どこまで綺麗に仕立てることができるのか??


リフォームで1番費用がかかるのは人件費です。依頼主は芸人をやっているので芸人仲間などに助けてもらいながらやってましたね。


人件費の次にかかるのはもちろん材料費。ここをどうやって工夫するかが匠の腕の見せ所ですよね。


20160912130237.png

畳を撤去して床をぶち抜きます。


20160912124649.png

ぶちぬいた床にスタイロフォーム→ワイヤーメッシュ→熱ホースを這わせます。上からコンクリで固めれば床暖房が出来上がります。業者に床暖を入れてもらうと莫大なお金がかかるけど、DIYすることで16万円ですみました。


20160912124852.png

ボロボロのふすまも破れている部分をくりぬいて上から障子紙を貼れば・・・


20160912125002.png

斬新なふすまに蘇った!ふすまをまるごと張り替えるのって結構たいへんだけど、この方法なら簡単なおかつ洒落たものが出来上がります。匠のイマジネーションはすごい!


20160912124445.png

1枚2500円のパレット。こいつを使ってロフトを作ったり・・・


afterimg_10.jpg

ベッド

20160912124225.png

食器棚など色々なものを創造する匠!ただのパレットも頭をつかえば色んな物になるんだなぁ。


20160912131254.png

風呂は、依頼主の後輩芸人が元型枠大工だった経験を活かしてコンクリートで自作。

コンクリートのいいところは自在に形を作れるところで浴室の形に合わせて無駄のない浴槽を作ることができます。


afterimg_6.jpg

浴室は檜の板で化粧をして高級感あるれる感じになってます。写真右の洗面スペースはカラーボックスの棚、アルミ鍋の洗面器など匠の技が光ってます。


danfbdafter111.png

天井断熱もすごかった。アルミホイルを梱包用のプチプチでサンドイッチして自作しています。


20160912130959.png

アルミホイルを挟んでいるおかげで遮熱効果もある優れた断熱材に。既成品でこの手の断熱材を買うとけっこういい値段しますよ!


afterimg_3.jpg

コンクリ打ちっぱなしの味気ない玄関。汚らしい繊維壁。

afterimg_4.jpg

タイル工場で格安で手に入れたタイルを貼ります。繊維壁は削り落として漆喰を塗り直しました。全体的に白くするだけでここまで雰囲気がかわるんですね。



afterimg_2.jpg


afterimg_12.jpg

yosanbeofanseoijawkk.png

150万円の予算でここまで出来るものなんだなぁ・・・・昨日のビフォーアフターはBライフに興味がある人には絶対面白いと思います。まだ見ていない人は是非見てください。

20160909153138.jpg
なごや

名古屋に到着したのは午後3時。

寝不足で疲れてるし、今から観光となるともう遅い時間です。今日はおとなしく休むとするかな。

ケチな性格なもんで、旅行の時はいつも野宿かネカフェで済ませちゃいますが、、たまには安くてもいいからホテルに泊まりたい・・・・ということで事前に格安ホテルをリサーチして電話予約しておきました。


20160909154347.jpg
福屋ホテル


福屋ホテル 情報

一泊 2100円 完全個室

チェックイン 午後4時  

チェックアウト 午前10時

シャワーあり

※チェックイン前に荷物を預かってくれるか電話で聞いてみたところやんわり断られました。



名古屋駅から徒歩5分の場所にある格安ホテル ホテル福屋 に到着しました。

なんと一泊2100円という破格のプライスです。それも土日祝関係なく、いつ宿泊しても2100円みたいですよ。すごすぎる!


20160910082534.jpg

午後4時になったのでホテルに入ります。しかし受付には誰もいません???

電話予約ではチェックインは午後4時からと言っていましたが、窓口のプレートを見ると午後4:30からと書かれています。 一体どちらが正解なんだ???

10分ほど待っていると従業員の人が外から帰ってきました。安宿は常時窓口に人がいるわけではいのですね。


20160909161312.jpg

宿泊部屋です。西日がもろに差し込んで熱いです。まあ夜になれば関係ないけどね。

2畳ほどの小さな部屋ですが、テレビ、エアコン完備。シーツ、枕カバーも清潔で、2100円にしてはなかなかのクオリティーです。

壁や天井がヤニで黄ばんでいて、タバコ臭が結構します。今は夏だから窓全開でなんとかなったけど、冬だったらちょっとキツかったかも。


20160910082446.jpg

とにかくまずは汗をながそう!安宿ということもあり、シャワールームには期待していなかったけど、意外と清潔でびっくりしました。

タイルとかが真新しい感じだったので最近リフォームしたのかな?とにかく気持ちよくシャワーを浴びることができました。


シャワーを浴びた後は自室で少し仮眠。

その後、明日の旅行プランをじっくりと練りました。チェックアウトは翌日の午前10時なのでネカフェのように焦って寝る必要もありませんでした。やっぱりホテルはいいですね~。

部屋がタバコ臭いのを除けば、ほぼほぼ満足なホテルでした。というか小屋に比べたら何倍も快適だよね!

青春18きっぷが余ってるので東海道方面に一泊二日の旅行に行くことにしました。 

20160909043912.jpg
始発電車で東海道方面へ!

旅行前日はいつも気分が高ぶって寝不足になってしまいます。

今回も全然眠れずに最悪のコンディションで出発するハメになってしまいました。


20160909095506.jpg

浜松到着。晴天なのは嬉しいけど、この殺人的な日差しは寝不足の体にこたえるなぁ・・・・

浜松には浜松餃子を食べに来たんだけど、到着したは午前10時・・・開店時間までしばらく時間があります。

浜松城でも観光して時間を潰しますかね。


20160909100224.jpg
バス案内所


案内所「浜松城へはバスで行くといいですよ。1番乗り場から乗ってください」


バスに揺られること20分、いつまでたっても浜松城に到着しない。

おかしいと思い、GPSを見ると城からだいぶ離れた場所にいるではないか!!!


20160909104430.jpg

慌てて下車。ここは一体どこなんだ・・・・


ミスった原因

浜松城へ行くには市役所南というバス停で下車しなければいけなかったようです・・・

ぼくはてっきり浜松城前というバス停があると思いこんでいて、いつまでたっても浜松城前に到着しないのでおかしいいなと思ったらこのザマですよ

観光客にわかりやすいように市役所南(浜松城)というような名前にしといてくれよ!

20160909111235.jpg

紆余曲折あってなんとか浜松城に到着。

しかし寝不足と無駄なミスのせいで観光を楽しむ余裕なんてもうなかった・・・・さっさと餃子を食いに行こう。


浜松餃子の店はたくさんあって、どれにするか迷います。

駅から歩いていける距離にあって、そこそこ評価の高い店で絞り込んでいった結果、喜慕里(キボリ)という店がなかなか良さそうな感じです。

20160909120616.jpg
喜慕里

さすが人気店。開店して間もない時間に行ったのですが並び客がいますね。

店の外観も年季が入っていて老舗感がでてますよ!これは期待できそうですね。


20160909122133.jpg

15分ほど並んで入店。

そして悩んだ結果、餃子(中)を注文。15個入りで780円でした。

餃子だからすぐ食べられるかなと思ったけど待てど暮らせど一向にこない・・・・どうなってるんだ??


20160909124510.jpg

20分以上待ってようやく到着。

どんだけ待たせるんじゃ!もうこっちは腹が減って死にそうなんじゃ!!!


20160909125249.jpg

さーて浜松餃子のお手並み拝見といこうか。

パクリと一口食べた瞬間・・・・・口の中いっぱいに広がるしつこい味。餡の味付けがしょっぱすぎます。あと化学調味料入れすぎです。

っていうか化学調味料の味しかしないぞ!!!

餃子の王将を100点とするとこの餃子は50点くらいかな・・・・・・ちょっと期待はずれでしたね。

口の中に残ったしつこさを水で洗い流し、お勘定を払って店を出ました。


さーて次は名古屋に行くぞ。名古屋ではおいしいグルメが食べられるといいな!!

新しい小屋を建てるにあたって、法律の問題が立ちはだかってきます。たとえ自分の土地であろうとも無許可で勝手に小屋を建ててはいけないのです。

建築確認申請という書類を役所に提出して、正式な許可をもらってから初めて工事に取り掛かれるのです。

2015062216080aaaad6s.jpg

山武土木事務所まで行って、どうすればいいのか質問してきました。


Q.1 素人のぼくが小屋を建てるにはどうすればいいですか?

A. 建築確認申請を提出してください。素人でも頑張って提出した例もあるから根気を持って取りかかればできると思います。



Q.2 建築確認申請を出す場合、基礎は布基礎かベタ基礎しか認められないのですか?素人でそれらの基礎を施工するのはハードルが高いのですが・・・・

A, 布基礎かベタ基礎でなければいけません。しかし独立基礎が認められるケースが有ります。

①地盤調査をして独立基礎でも耐えうると判断できた場合は施工できます。しかし九十九里町の地盤はおそらくアウトだと思います。

②物置の場合も独立基礎が認められています。



Q3 物置の定義ってなんですか?

A. 物だけを置く小屋は物置とみなします。しかし人間がそこで作業をしたり、寝泊まりすると物置ではなくなります。



Q.4 建築確認申請を提出して物置を建てる→その後10㎡未満の独立基礎の小屋を建てるのは問題ないのか?

A. うーん、問題はないですけど・・・(汗)ただ作業場や住居のように人が居ることをを想定した建物ならベタ基礎か布基礎で建てないとダメですね。


Q.5 都市計画区域外で独立基礎で住居を建てているケースはどうなのですか?

A. 都市計画区域外は建築確認申請を提出する義務はないのでお咎めはないです。しかし住居として建てるならば届け出をする義務があろうがなかろうがベタ基礎か布基礎じゃないとダメですね。



とりあえず疑問に思っていることを片っ端から聞いてみました。書類の作成でわからないことがあったら土木事務所の人が教えてくれるそうです。忙しいのに色々親切にしてくれて本当に感謝です。

基礎の問題は・・・まあ左官の学校に通った経験を活かして自力でやってみるものいいかもしれませんね。型枠作ってコンクリ流すだけでしょ。そんなに難しく考えることはないと思いますよ。

ま、あんまり根を詰めると嫌になってくるので長い目でゆっくりやっていきましょ。時間はたっぷりあることだしね!

新しい小屋を建てるためにCADで色々と設計を練っていると一本の電話がかかってきた。


松野さん「もしもし?松野ですけど。解体したログハウスが一棟あるんだけどいる?値段は五万くらいだと思うよ。」


松野さんは隣町に住む木工職人で、建具から家までなんでも作れるすごい人です。2年位前に知り合ってから色々お世話になっています。

中古とはいえログハウスが5万とは破格です。とりあえず現物が気になるので見に行くことにしました。


20160906110728.jpg


20160906110737.jpg


20160906105834.jpg

木の厚みもそこそこあるし、窓もペアガラスで結構いい感じ。

しかしこのログハウスを譲ってくれるという話、もしかしたら白紙になるかもしれないとのこと・・・・持ち主がまだ譲るかどうか決めかねているらしいです。



帰りの車内での会話~

松野さん「あのログハウスはどうなるかわかんないし、よかったら丸太小屋でも作れば?スクレイバーとか貸すよ。」

ぼく「丸太小屋ですか?」

松野さん「丸太1本4メートルで、50センチずつ出して組むと床面積3×3メートルの小屋ができるよ。」


ログハウスも悪くないなと思いました。

20160906123955.jpg

帰りにうどんをおごってもらいました。ありがとうございます!

↑このページのトップヘ