真・田舎暮らしにあこがれて 

Bライフ 小屋暮らし をやっています

カテゴリ: 日常

最近電子書籍でDIYで家を建てる本を買いました。タイムセールで700円くらいで購入したんだけどかなり充実した内容で読みごたえがありました。

自分で我が家を作る本。 氏家誠 著

画像をクリックでアマゾンに飛びます

大工仕事はもちろん基礎の打ち方から水切り板金の設置方法までかなり細かく記載されていました。僕が小屋を建てたときはインターネットで情報を集めて建てたんだけど、今思えばちゃんと本を見て建てればよかったと思います。

家を建てる際に最低限そろえるべき工具や、効率がいい施工方法などがこの本には記載されているので無駄な出費や労力を抑えることができたと思います。いちいちホームセンターで工具を買うよりもまとめてネット通販で買かえば安いよね。

最近買った工具
IMG_20190517_075246
最近新しく工具を購入したので紹介していこうと思います。


シンワ測定 ハンディチョークライン 


画像をクリックでアマゾンページに飛びます。

粉チョークで墨付けする道具です。墨付けをミスっても濡れタオルで拭けばラインが消えるのでうっかりミスが多い僕にはうってつけのアイテムですね。


E-Value 腰袋 ホルダー付き グレー 約幅230X奥行き130X高さ240mm EDK-3D GR



画像をクリックでアマゾンリンクに飛びます

これがあるだけで体力の消耗がかなり抑えられます。腰袋なしでよく小屋を建てたなぁとおもいますね。


シンワ測定 曲尺 平ぴた 表裏同目 シルバー 50cm 10032


画像をクリックでアマゾンリンクに飛びます

差金は長手が30cmの物は持ってるんだけど50cmのものは持っていませんでした。30cmだと足りない場面が結構あったので今回50cmを購入しました。


高儀 TAKAGI 兼用ハンディタッカー CHT-100


画像をクリックでアマゾンリンクに飛びます
カインズブランドのタッカーを使ってたんだけど速攻でぶっ壊れたので今回こちらを購入。耐久性はカインズよりもありそうな感じ。


FULTON 400SHB ソーホースブラケット 鉄 2個×2箱セット


画像をクリックでアマゾンリンクに飛びます
冒頭で紹介した本の中で、作業台の重要性について書かれていたので購入しました。この金具にツーバイフォー材を取り付けると馬と呼ばれる作業台ができます。作業台は高いものと低いものそれぞれ2つあればいいそうで、高い作業台はこのソーホースブラケットで作って、低い作業台はコンクリートブロックとかで作るといいそうです。


工具をケチると無駄な労力やミスが増えて無駄な出費につながるので小屋を作る時はちゃんと工具を揃えてから取り掛かったほうがいいですね。

一ヶ月半ぶりに小屋に帰ってきました。特に荒らされている様子もなく無事だったんだけど、そもそも防犯カメラで定期的に小屋の様子をチェックしていたので異常がないのはわかっていましたけどね。

IMG_20190421_133632
帰宅した当日は疲れて動く気がしないので翌日から活動を始めるんだけど、まず小屋の復旧で丸一日潰れてしまいます。

作業の内容
・水回りの復旧
・布団を干す
・部屋に掃除機をかける
・草刈り
・飲料水を汲みに行く

IMG_20190421_133652
畑に植えた大根が花を咲かせてきれいでした。

今回は漫画家の聖地とよばれるトキワ荘通りを訪ねてみました。

P1273090
知らない人のために簡単に説明すると、東京都豊島区南長崎(旧 椎名町)には昔トキワ荘というアパートがあって、有名漫画家がたくさん住んでいたことから漫画家の聖地と呼ばれています。

P1272971
トキワ荘通りお休み処
無料の休憩所がありました。中にはトキワ荘ゆかりの漫画がたくさんあって無料で読むことが出来ます。

P1272992
お休み処の二階は寺田ヒロオの書斎が再現されていました。昔の漫画家はこんな簡素な環境で執筆していたんですね。

子供の頃から地元に住んでいる方がここのスタッフをしていて、当時の貴重なエピソードなどを語ってくれます。

P1273008
お休み処の売店でチューダーあめ(100円)を購入。「アルコールは入っていませんよ」と販売員の人が一言。

P1273023
街のあちこちにトキワ荘ゆかりの漫画家のモニュメントを散りばめているみたいですね。散策してみましょうか。

P1273016
トキワ荘跡地

P1273066
背番号ゼロ

P1273046
ジャングル大帝

P1273056
森安なおや

P1273033
漫画地蔵なるものがありました。地蔵の後ろにあるやつはGペンを模しているそうです。

P1273011
まんが道でおなじみの松葉 んまーい!

こんな感じで観光ガイドに記されているすべてのスポットを巡りました。かなり広範囲に散りばめられていたせいもあって自転車を駆使しても結構疲れました。近々トキワ荘を再現した建物が建つそうなのでその時またこの地を訪れたいですね。

この日は超ハードスケジュール

IMG_20190404_134248
秋葉原でケバブを食って

IMG_20190404_150041
隅田川で花見をしながらスカイツリーを見物

IMG_20190404_162918
浅草寺を見学。平日なのに異常な人ゴミ

IMG_20190404_171114
浅草寺の後ろの通りにある大学芋の千葉屋

この日はとにかく歩きまくって暗くなる頃には万歩計の歩数が15000歩にもなっていました。普段はここまで頑張らないんだけどこの日はあえて無理をして歩きました。

IMG_20190404_185028
疲労困憊の体でやってきたのは浅草にある日の出湯という銭湯。ここのお風呂に入るためにこの日は体に鞭打って歩き回ったと行っても過言ではありません。

なんでもこの銭湯には会話力に定評のある番頭さんがいるそうで、赤字だったこの銭湯を持ち前のトークスキルで立て直したそうです。


画像をクリックでamazonページに飛びます

以前この銭湯の番頭さんが書いた本を読んだんだけど、いろんな会話テクニックが記載されていてとても面白かったです。文字だけではどのように接客しているのか雰囲気が掴みづらいので実際に見てみようと思って日の出湯を訪れました。

しかしこの日は別の人が番台をしていて噂のトークスキルを見ることが出来ませんでした。お風呂はちょうどいい温度で清潔感もあって気持ちよく入れました。風呂上がりにベンチで涼んでいると色々面白いものが見られました。

・トイレを貸してくださいと焦った感じで来た人がいたんだけど快くトイレを貸していた。

・ランナーっぽい人が荷物を番台に預けていたんだけど、ランニングする人のために荷物預かりサービスのようなこともやっているみたい。

・ここに来るお客さんの多くが番台さんとなにかしら会話をしてから脱衣所に行く。会話力で経営を立て直した銭湯ならではの光景だと思いました。

日の出湯ちゃんねる

ユーチューブチャンネルもやっているそうで色々新しいことに挑戦しているんだなと思いました。若い番頭さんだからチャレンジ精神がすごいよね。

日の出湯の地図↓

初日の歩数 15541歩
Screenshot_20190330-093621


デート初日は渋谷~表参道~原宿~代々木公園を散策しました。10000歩を超えたあたりから疲労がでてきてお互い口数が少なくなってきたので、そろそろ帰路に着いたほうがいいなと思って駅に向かったんだけど、駅までの距離が結構あって帰宅したときにはもうぐったりでした。


二日目の歩数 9360歩
Screenshot_20190401-073606

初日に頑張りすぎた教訓を踏まえて二日目は歩数を8000歩くらいに抑えようと思いました。帰宅時に万歩計をみたら9360歩だったので結構いいペース配分で歩けたと思います。しかし疲労度はかなり高くて家についたらすぐに横になってしばらく動けませんでした。

IMG_20190330_133134
歩数はいい感じに調整できたけど、この日は土曜日だったので人ゴミが凄まじくて精神を削られた感じです。


三日目の歩数
Screenshot_20190401-073546

三日目の歩数は10739歩でした。昨日の教訓を踏まえて今回は精神的疲労も考慮して行動したので帰宅時のコンディションもバッチリでした。

今日は日曜日なので下手な観光地に行くと人ゴミで疲弊するのは目に見えています。なので近所を適当に散策することにしました。
IMG_20190331_120202
近所の公園で花見

IMG_20190331_161919
近所の商店街を散策中にくるくるひろばという謎の店を発見。不要なものを提供して、欲しいものがあれば持ちかえるスタンスの店で、店番はボランティア、店舗家賃は寄付で賄われているそうです。

体力と精神力のペース配分を考慮したおかげで充実した一日を過ごせました。何回かデートして気づいたんだけど、どこに行くか?何をするか?よりもペース配分を意識したほうが割といい感じのデートになりますね。

↑このページのトップヘ