真・田舎暮らしにあこがれて 

Bライフ 小屋暮らし をやっています

カテゴリ: 本、漫画など

今ならキンドルアンリミテッドが99円で3ヶ月使えるキャンペーンをやっていたので入会しました。早速前から気になっていた本があったのでダウンロードして読みました。



IQが20違うと会話が成り立たない。という言葉をよく耳にするけど、この本ではそれを人間とチンパンジーが会話をしているようなもの。と表現していました。

人間 は 知能 が 高く なる ほど、 周囲 の 人々 の やる こと が くだらなく 思え て き ます。 しかし それ を 表 に 出す と、 集団 リンチ に かけ られ て しまい ます。 だから ひとり で 本 を 読む か、 気 の 合う 仲間 とだけ ひっそり 遊ん で いる の です。

安間 伸. 高知能者のコミュニケーショントラブル: IQが20違うと会話が通じない (Kindle の位置No.56-58). Kindle 版. 

Bライフの先駆者、寝太郎さんも誰にも邪魔されずに思考したいということで小屋暮らしを始めたそうです。高知能者ほど人間関係を煩わしく感じる傾向があるのかもしれませんね。


会話中のノイズ処理の差についてかかれた項目がありました。たとえば仕事がうまく行かず苦労してる時、先輩から「馬鹿!こうすりゃうまくいくだろ!」とお手本を示された場合

高知能者の思考→新しい知恵を授けてもらい自分の労力や時間を省いてもらえて感謝

低知能者の思考→馬鹿にされた。

という捉え方になるそうです。そういえば昔、左官の職業訓練を受けていた時に、うまくできなくて先生から馬鹿とかアホとか散々言われて、当時は毎日いやいや訓練校に通っていた思い出があります。今考えれば馬鹿、アホというノイズはカットして、技術指導の部分だけ聞いていればよかったですね。

高 知能 同士 は なるべく 余計 な 情報 を 入れ ない で 話 を し ます し、 聞く 方 も ノイズ は 省い て 処理 し ます。 です から 議論 が 白熱 し ても ケンカ に なる こと は ほとんど あり ませ ん。 話 の 本筋 以外 に こだわる こと は なく、 問題 解決 に 向かっ て トントン と 話 が 進み ます。 相手 が 大統領 だろ う が 子供 だろ う が いちいち 身構え ない ので、 周囲 からは 変わり者 に 見 られ ます。

安間 伸. 高知能者のコミュニケーショントラブル: IQが20違うと会話が通じない (Kindle の位置No.1265-1269). Kindle 版. 

高知能者の会話は話の本筋以外にはこだわらないそうです。つまり普段から物事の本筋を捉える癖がついているということだと思います。

僕自身の体験談なんだけど、小屋暮らしてから物事の本質を見る癖がついたと思います。何をやるにしてもまず理論や原理を調べる癖が付きました。不便な生活をしているので行き当たりばったりで作業すると時間がいくらあっても足りません。どうすれば効率よく作業できるかは、その作業の本筋を捉えることが一番大事だと思いますね。

1時間くらいでサクッと読める本でした。興味のある人は読んでみてはいかがでしょうか?

仏教思想のゼロポイントに引き続きまた仏教系の本を読んだので紹介します。


画像をクリックでamazonページに飛びます。

今回紹介する本は悟らなくたって、いいじゃないか 普通の人のための仏教・瞑想入門という本で、仏教思想のゼロポイントの魚川祐司氏とタイの出家僧プラユキ・ナラテボー氏の対談本です。

この本を読んでみてまず思ったことは瞑想あるあるネタが多すぎてちょっと笑ってしまった。

ラベリング瞑想でひたすら怒り、怒りと唱えているうちにどんどん怒りが増幅される現象や音楽を聞くことは悪いことだと言ってCDを全部捨てたくなる衝動に駆られる現象などです。

指導者が悪かったり、うまく瞑想のコツを掴めなかったりするとこのような瞑想の沼のようなものにハマってしまい瞑想自体に不信感を抱いてしまう人がいるんだけど、このような人の事をこの本では瞑想難民と言ってどうすればより良い瞑想ができるかなどを二人で対談している感じでした。

スマナサーラ長老に瞑想中に上手く集中出来ないと相談した人がいて、「自分の好きな趣味はものすごく頑張って取り組むのに瞑想はちょっとうまくいかないくらいで弱音を吐くんですね」と皮肉を言われている動画を見たことがあるんだけど、こういう風に言われると瞑想に不信感を抱いてしまう人がいるかも知れないですね。

まあ実際スマナサーラ長老の言うように、ちょっとうまくいかないぐらいで弱音を吐かずに根気よくやっていくしか集中力を身につける手段はないと思うので長老のアドバイスも間違ってはいないんだけどね。

僕の場合は最初は本を読んで自宅で瞑想してみたんだけど、どうしても集中できなかったから思い切って瞑想合宿に参加しました。合宿中は嫌でも瞑想しなければいけない環境に置かれるのでちょっとうまく行かなくても試行錯誤してあれこれやってみて、そんなことを3日も続けていたら気がついたら集中するコツを体得していました。

コツさえ掴めば瞑想は日常生活で大いに役に立つので瞑想が上手く行かずに苦しんでいる人はこの本を読めばなにか解決の糸口が見えるかもしれませんね。

図書館をうろついていたら久しぶりに興味をそそる本を発見しました。


画像をクリックでamazonに飛びます

仏教思想のゼロポイントという本です。以前ニコ生でこの本を絶賛しているひとがいて、いつか読みたいなと思っていた本です。仏教というのは現代のような飽和社会を生き抜く処世術としては非常に優れていて、googleやYAHOOなどの有名企業も仏教の瞑想法であるヴィパッサナー瞑想(マインドフルネス)をこぞって導入して成果をあげています。

このように処世術として仏教を実践している人はたくさんいると思うんだけど、仏教についてもっと深く学びたいと思っていろいろ勉強しだすと輪廻や無我について色々考えてしまう現象に陥ってしまったりします。

これらの問題は日々の瞑想による観察で発見するものなので、考えるだけ無駄とされているんだけど、やっぱり中にはすぐに答えを欲しがる人がいて、この手の質問を僧侶にして怒られる場面なんかを結構みます。

そういう瞑想修行で気づいていくような境地を理論的に納得できるように書き綴っているのがこの仏教思想のゼロポイントだと思います。仏教について勉強しだして疑問点がちらほらと出てきた人にはおすすめの一冊だと思います。


皆さんこんにちは。小さな小屋で暮らすのに僕はPCは欠かせないとおもっております。昔は音楽を聴くにはラジカセが、ビデオを見るにはVHSが必要でした。でも現代ではノートPC1台ですべて事足りてしまいます。
本も同様に電子書籍化が進んでおり、クリックひとつで書店に行かずとも容易に本が読めてしまいます。データですので場所も取りませんね。必要最低限の物で暮らす予定の僕にとってこれほどありがたいものはありません。
この本の電子書籍化、なんと自分でも簡単に出来てしまうんです!(通称自炊と言います)僕の引っ越しの荷物削減にも大いに役立ってくれました。そこで今日はその工程を紹介したいと思います。

その一
IMG_2084.jpg
まずは本を用意し、カバーを外します。

その二
IMG_2087.jpg
背表紙のボンドをアイロンで溶かします。

その三
IMG_2088.jpg
表紙と本体を分離します。この時ボンドに息を吹きかけある程度乾燥させてあげます。

その四

大型裁断機・ペーパーカッター 400枚裁断 BA58A4

新品価格
¥6,800から
(2013/10/28 10:32時点)


IMG_2091.jpg
大型裁断機でボンド部を一刀両断!!ちゃんとボンドを乾かしてから切らないと裁断機がベタベタになります。

その五

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A

新品価格
¥58,900から
(2013/10/28 10:48時点)


FUJITSU ScanSnap iX500 FI-IX500

新品価格
¥33,780から
(2013/10/28 15:02時点)



↑の両面読み取り式スキャナー(スキャンスナップ)で読み取ります。自炊する人たちはたいていこれを使ってるはずです。

IMG_2093.jpg
↑カバーや表紙など厚みがあるものはスキャンスナップ付属のシートを使い読み取ります。


↑シートを使った表紙の読み取り

クリップボード03
↑印刷対象が白黒の場合は読み取り面の選択をグレーにすると日焼けした本も綺麗に読み込めます

0hyoushi006.jpg
↑カラーで読み込みました。日焼けしてます。

manga002.jpg
↑グレーで読み込みました。設定次第でここまで綺麗になります。



↑漫画本編の読み込み。両面スキャン式なので早いです


以上で完成です。僕は完成したファイルを無圧縮zipにして保管してます。読むときはフリーソフトのMangaMeeyaを使用しています。みなさんも自炊して部屋をスッキリさせてみませんか?おすすめです!

おまけ

IMG_2098.jpg
僕のバイブルでもある漫画「ワル」です!
この漫画も自炊して千葉まで持っていきます。(`・ω・́)ゝ
ちなみにブログのアドレスmakihisaoはこの作者からとったものです。

↑このページのトップヘ