真・田舎暮らしにあこがれて 

Bライフ 小屋暮らし をやっています

2014年11月

僕が小屋ぐらしをするにあたり、一番重宝しているもの・・・・・・それはインターネットです。どんな僻地だろうとネットさえ通じていれば、僕は生きていけます。ちなみに小屋ぐらしを始める前、まだ土地探しをしていた時に、現在の土地に決めた一番の決定打はWIMAXの電波が強い土地だったということです。ブラウジングする程度ならかなり快適なWIMAX回線なのですが、動画視聴やブログの写真、動画アップロードとなってくるとちょっと頼りない感じです。WIMAXの上位回線であるWIMAX2+が僕の地域に来ていれば、それらの問題も解決するのですが、まだサービスが始まったばかりで主要都市しか回線が整備されていません。ダメ元で、九十九里に電波が来ていないか調べてみたところ・・・・・

クリップボード02
バッチリ電波圏内にはいってるやん!!!!
速攻でWIMAX2+のルーターを借りて、僕の敷地内で使えるかテストしてみました。

クリップボード01
こりゃたまげたぜ・・・・

ちなみにノーマルWIMAXだと調子が良くて下り10Mbps 上り1Mbpsくらいでした。試しにYOUTUBEで4K動画を再生してみましたが、回線の調子がいいと止まる事なく視聴できます。一つ下の1440pの動画ならどんなコンディションでもほぼ再生できてしまいました。WIMAX2+が小屋内でも使えるとわかったので今までの通信プランを見なおすことにしました。

今までのプラン
通話(auの一番安いプラン) 914円
通信(3G&WIMAX)6000円
上記の合計に毎月割やら消費税がかかって合計5600円くらいです。


これからのプラン(予定)
通話(auの一番安いプラン)914円
通信(家用のWIMAX2プラス)約2200円
通信(外用の通信は格安SIMを予定)約1000円
合計でおよそ4200円くらいを予定しています。

もうそろそろauの毎月割が終わるのでちょうどいい時期に回線プランの見直しができたとおもいます。

DSCF1934.jpg
畑の野菜たちもだいぶ育ってきました。肥料は10倍希釈した尿を撒くぐらいです。そのためか市販の野菜よりは少しこぶりですね。

DSCF1935.jpg
適当に間引きした野菜です。種類を多めに植えているので間引き野菜だけでもこれだけの量が取れます。

DSCF1936.jpg
ラーメンに入れて食べました。ちょっと緑が欲しい時にすぐ側にある畑から野菜を取ってこれるのはとてもありがたいですね。

朝食もたらふく食べて、腹が膨れたところで今まで温めていた企画をやろうと思います。

DSCF1937.jpg
じゃーん!即席で風呂設備を作ってみました。

DSCF1939.jpg
早速火入れです。最初は乾燥した篠竹に火をつけて、火が安定してきたら木っ端を投入しました。竹が燃えているうちは煙もそれほど出ずに安定した炎を保っていたのですが、竹が燃え尽きて木っ端だけになった途端火力不足で煙が出てきました。慌てて新しい竹を取ってきてかまどのなかに投入します。やはり竹が燃えているうちは火力も安定して煙もそれほどでませんね。

DSCF1940.jpg
30分くらいで適温になりました。いくら竹は煙が少ないといえ、微弱に煙は出ているので、30分もかまどの側にいると喉に違和感が出てきますね。これを毎日やったら喉頭癌、もしくは肺癌になりそうな気がします。

DSCF1943.jpg
バケツでお湯を浴槽に移して早速入浴します。いや~やっぱりお風呂は気持ちいですねー疲れが一気に取れます。どうせ僕一人しか入らないので浴槽内で体をこすったり、頭を洗ったりしました。

今回は実験的にお風呂を沸かしてみましたが、ぶっちゃけ体育館へ行ったほうが楽だし時間もかかりません。煙を吸って喉が痛くなるのも問題なのでこれからどうやって改善していくか考えなくては行けませんね。

部屋内の改装のコメント欄より抜粋

ダルシムさん「山小屋建ててローコスト生活するのは自由ですが、税金や保険料はしっかり払うことと、生活排水の垂れ流し等をしないことは守ってもらいたいです。」

僕「税金払ってますよ。払わないと二束三文で土地を競売にかけられますからね。生活排水などは土壌分解性のある洗剤を使っているのですが、本来ならは浄化槽等を設置しないといけないんですよね。実際完璧に法律、条例をを突き詰めまくると小屋ぐらしは無理に等しいでしょうね。」

ダルシムさん「いや、生活排水を垂れ流す行為は法律や条例云々の話ではなく、マナーやモラルの問題だと思います。
明らかに環境破壊ですからね。 大好きな自然の中で生活しておきながら、自然破壊をすることを平気でやる。自分が働きたくないからってそんなことをするのがB-LIFEだなんて、聞いて呆れます。都合が良すぎます。 何か他に手段は無いのでしょうか?」


ダルシムさんに最初にお叱りのコメントをもらった時、僕は「条例や法律をちゃんと守れよ!」ということを訴えていると思ったのですが、どうも違うらしく、「モラルをしっかり持って行動しろよ」ということをおっしゃっていたみたいです。その中でも特に排水による環境破壊を気にされているようで、この事について色々と考えてみました。


とりあえず小屋暮らしででる排水の処理についてまとめてみました。

小便→10倍ほどに希釈して畑にまいて肥料にする。

洗濯の水→土壌分解性の高いココナッツ洗剤を使用し、排水は地面に流す。市販の洗剤と比べ汚れ落ちがかなり悪いが、極端に汚い部分はもみ洗いで落ちるので問題ない。

食器洗い→ほぼ水洗い。油汚れがひどい場合はココナッツ洗剤を使用。

麺や野菜などのゆで汁→畑や鉢に巻いて肥料にする。

インスタントラーメン類の汁→排水が出ないように汁を少なめにして作る。または残り汁にご飯などを入れて食べる。

揚げ物の油→ダンボールなどに染み込ませてロケストの着火剤として使用。



上記の中で環境を破壊してそうなものはココナッツ洗剤を使った排水だと思います。そこで僕が使っているココナッツ洗剤について少し調べてみたのですが、賛否両論いろいろありました。うーむ調べれば調べるほど頭が混乱してきます。毒性について科学的な数値が書かれているサイトなどもありましたが、その数値の意味がわからないし、実際その数値が本当なのかもわかりません。いろいろなことを総合してみて結局どうすればよいか考えてみましたが、現状維持がベストだという結論に至りました。


おまけ

結構昔の記事ですがBライフおばあちゃんという記事で僕のおばあちゃんについて紹介しました。田舎の山奥で自給自足生活をしているおばあちゃんですが、今日の記事を書いている時に、とある会話を思い出しました。

おばあちゃん「なんだが最近テレビでエコって言葉をよぐきぐんだけど、エコってどういう意味なんだ?」

近所の人「あんたみたいな奴のことだよ・・・」

去年の11月1日、僕は自転車にリヤカーを括りつけて東京から九十九里町までやってきました。何もない土地に最初はテントを張り、水は近くの墓場から組んできて、電気は近所の人のご好意で充電させてもらいながらの生活でした。1年経過した現在、小屋を建て、電気もちゃんと引いて、水も敷地内に井戸を設置し、粗末ではありますがそれなりに生活できる設備を整えることができました。しかし、夏の暑さや、蚊の問題など、まだまだ問題点も多いです。まあ悩んだところで簡単に解決するような問題でもないですね(笑)まあ何はともあれこれからも気楽にブログをやっていけたらと思っているのでよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ